包茎は包皮線から分泌液や排尿時などに残った尿が亀頭との間に溜まりやすくなり、亀頭部において恥垢が溜まる傾向が多いです。
湿った状態になりがちで、ジメジメした状態では亀頭と包皮の間においていろいろな病原菌を繁殖させてしまいます。
包茎の場合不衛生になりがちで、いろいろな性病にかかる確率が高くなるでしょう。
感染しやすかったり重症化しやすいケースがあり、包茎を治す理由として性病の予防や亀頭を衛生的に保つことがあげられます。
包茎の場合、清潔な状態を維持するのが難しいため、感染しやすかったり重症化することがあるので注意が必要です。

包茎を治す理由はいろいろあります

包茎を治すといろいろなメリットがあります。
例えば見栄えが良くなったり、早漏を改善することが可能です。
恥垢や悪臭などを治すことができたり、パートナーとの関係が改善されたりもっと楽しむことができるでしょう。
公衆浴場などでは堂々としていることができ、長年のコンプレックスを解消することができます。
日本人の80%は包茎と言われているので、自分だけがおかしいと悩むことは基本的にありません。
包茎でも何かしら不都合を感じなければ、それほど手術を考えることもないでしょう。
しかしコンプレックスを感じていたり、ニオイなどに悩んでいるなら包茎手術を受けると、簡単に治すことができます。
包茎の場合亀頭の発育を妨げてしまうので、発育を阻害する問題も解消することが可能です。
性行為におけるハンディーキャップからも解消されることが多く、亀頭が皮で保護されていると亀頭は刺激に弱いので、早漏になりやすいかもしれません。
早めに治療しておき、包皮をむいておいた方が良いです。
包皮にダブツキが多いとパートナーへ与える摩擦力が少ないので、パートナーは満足しづらい傾向があります。
同時にダブツキも解消しておくと得策です。

病気を引き起こす原因になります

包茎手術を受ける大きなメリットとして、衛生上のトラブルや性病を防ぐことがあげられます。
包茎状態だと包皮の内側が湿っぽくなり、雑菌が発生しやすくなります。
そのため包皮炎や亀頭炎、尿道炎などいろいろな病気の根源になってしまい、次第に大きな病気にかかりやすい傾向が多いです。
包茎の場合亀頭粘膜が弱くなっているので粘膜感染を起こし、さまざまな性病にかかりやすくなっています。
包茎になっていると皮のダブツキがあったり、皮がかぶっているのでより不衛生な状態になっており、性行為を行う場合パートナーに対して膣炎などを誘発するかもしれません。
不衛生な状態というのは不潔になりやすい状態のことであり、イヤなニオイが発生してしまうことも多いです。
自分もパートナーも不愉快な思いをすることが多いですが、これらのいろいろな問題は包茎手術を受けると解消することができます。
皮のダブツキを切除し、亀頭肥大手術なども併用すると亀頭を大きくすることが可能です。
さまざまな問題を解消することができます。
手術した後の回復も早く、数日間でシャワーを浴びることができます。
1週間ぐらいで通常の生活を過ごすことが可能です。

早めに手術する方が良いケースがあります

包茎は最終的に包茎手術を受ける必要があり、手術の流れとしてクリニックに相談します。
包茎と言ってもいろいろなタイプがあり、亀頭が皮で隠れているのは仮性包茎です。
仮性包茎の場合日本人に多く見られる状態で、普段は皮に覆われているので不潔になったり早漏になることがあります。
常に皮に覆われているのが真性包茎で、この真性包茎の状態にあると性行為を行うことができないケースが多いです。
普段亀頭を出すことができまうが、勃起した際に露出しようとすると痛みを感じたり、亀頭が締め付けられているのがカントン包茎です。
カントン包茎と真性は早く包茎手術を行う必要があるでしょう。
クリニックに相談すると、まずはカウンセリングを利用することが可能です。
カウンセリングを介していろいろなことを相談することができ、自分の状態を把握することができたり、手術が必要なのかどうか、どのようなデザインが良いのかどうかも相談することができます。
カウンセリングで納得すると、実際に施術を受けることになります。
施術に短時間で完了することができ、一般的に当日に帰宅することが可能です。
その後アフターケアのため、来院することもあります。

まとめ

日本人の80%は包茎で、早めに治療を受けたほうが良いでしょう。
皮をかぶったままだと、20代~30代前半まで新陳代謝が良いので重大な症状にはなりませんが、30代後半以降になると皮膚疾患などいろいろな障害に陥ったり、病気になることが多いです。
包茎手術のメリットとして、皮膚疾患などさまざまな障害を予防することができます。
皮をかぶっていることから幼稚に見えてしまい、実際の大きさより小さく見えるので人前では気おくれしてしまうといった、外見上のハンディーキャップを解消することが可能です。
これまでのコンプレックスも解消することができます。

参考にしたサイト
包茎のカウンセリング巡り5選!【比較で選んだクリニックとは】
包茎を治したい方、必見のサイトはこちら!