包茎につきまとう問題

真性包茎や仮性包茎やカントン包茎や埋没包茎など包茎には様々なタイプが存在し、それぞれ原因や症状や深刻度が違います。
埋没包茎は脂肪に陰茎が埋もれることが原因で起こり、仮性包茎は包皮口で覆われてスムーズに亀頭が露出しない状態です。
真性包茎は陰茎癌や尿路感染症などのリスクがつきまとう深刻なタイプで、カントン包茎は包皮口の締め付けがきつくて激しい痛みを伴ったりうっ血して壊死するというリスクと隣り合わせです。
全てのタイプに共通してつきまとう問題としては、悪臭や痒みなどがあります。
皮に覆われた状態であるため、その中に垢や皮脂や角質や汗や埃などが溜まりやすくなります。
不衛生な環境になり炎症が起きると痒みや痛みや違和感が生じますし、コンプレックスで性行為が出来なくなってしまうという悩みを抱える男性も多いです。
悩みや問題を解消させるための手段はただ一つです。
治すための包茎手術を受けるしかありません。

包茎を確実に治すためには手術が必要

確実に包茎を直すための手段と言えばクリニックでの包茎手術です。
包茎の悩みを抱える男性は意外と多く、その悩みをオープンにする男性も昔に比べて増えてきています。
手術で治すという選択をする男性も急増しており、それに伴い包茎手術を行うクリニックも急増中です。
問題を解決するために早めに治すのが定番となりつつあります。
仮性包茎や埋没包茎は手術をしなくても大丈夫な場合が多いですが、仮性包茎と真性包茎は病気のリスクも伴うので早めに治すべきです。
包茎手術は痛くて費用が高くて怖いというイメージを持たれがちですが、病気発症のリスクを伴う包茎の場合は保険適用となり経済的な負担は軽めですし、手術をする前に確実に麻酔を施すので痛みの心配もありません。
患者さんが恐怖心を抱かないようにクリニックのスタッフが優しくサポートしてくれるので安心してお任せできますし、術後のアフターフォローも万全で頼もしいです。

まとめ

ひと昔前だと包茎は誰にも相談することが出来ない深刻で恥ずかしい悩みという位置付けでしたが、今は違います。
オープンにして悩みを共有することが出来る時代になり、痛みやコンプレックスやストレスや悩みを感じない健やかな生活を送ることが出来るよう、クリニックは全力でサポートしてくれます。
一人で問題を抱え込むとメンタル面にも悪い影響が及んで負のスパイラルに陥りますので、早めにクリニックで包茎手術を受けて楽になりましょう。